エクセルの関数技 IF関数

IF関数 もしも~だったら IF関数徹底攻略

エクセルが好きになるかどうかの分かれ道がIF関数。
 
 もしこの条件が成立するならA、そうでない時はBにする!
 
 条件に合うかどうかで結果をコントロールできるのがIF関数です。
(サンプルファイルは、こちらから 関数技50回サンプルデータ

IF関数 もしも~だったら(1)、(2)

   IF関数を使うと複雑な数式の組み立てができます。

IF関数


(その1)「男女別の会費を計算する」という設定。
(その2)「女性なら2割引

■  IF関数 を使って、女性と男性で会費が違う場合の表を作成します。

≪(IF関数その1)男女別の会費をIF関数で計算する≫ 

コンパなどの飲み会では、女性の会費が優遇されます。
そんな時の計算をIF関数を使ってやってみます。

会費の設定は、以下のようにします。

男性会費 \10,000
女性会費 \8,000
(1)会費を変更してもいいように、男性会費をE1セルに
  女性会費をE2セルに入力しています。
  
IF関数の使い方  
(2)C1セルに式を入力します。
 
IF関数の使い方6 「もしも、B2セルに男とあったら、セルE1を選択、ちがう時は、
  セルE2を選択」とします。
  
 C1=IF(B2="男",$E$1,$E$2)
IF関数の使い方2
会費が入力されたセルは、絶対参照にします。
 
(3)式をオートフィルで下までコピーします。
IF関数の使い方3

(IF関数その2)女性なら2割引をIF関数で

スポーツクラブの会費が女性なら2割引などということはよくありますね。

会費の設定は、以下のようにします。
男性会費 \10,000
女性会費 2割引
IF関数の使い方5
(1)C2セルに会費を求める式を入力します。
IF関数の使い方7
 「もしも、B2セルに男とあったら、セルE1を選択、ちがう時は、
  セルE2を引いた金額にする」とします。  
(2) 論理式: もしも、B2セルに男とあったら
   真の場合: セルE1
 ここまでは、
 C2=IF(B2="男",E1,~~~) 
 ですね。
(3)偽の場合:男性の会費E1より、20%引きの金額となります。
  つまり、男性の会費80%をかけた金額です。

 =IF(B2="男",E1,E1*(1-E2))IF関数の使い方8
(4) E1セルE2セルは固定なので、絶対参照にしておきましょう。
 
 C2=IF(B2="男",$E$1,$E$1*(1-$E$2))
(5)式をオートフィルで下までコピーします。
IF関数の使い方9
スポンサーリンク
スポンサーリンク