マクロ講座

18回マクロ実行ボタンのカスタマイズ

マクロ講座で紹介したマクロや、自分で自動記録したマクロなどを、
実行するときに、いちいち、マクロ・ウィンドウを呼び出し、マクロを選択して[実行]ボタンをクリックする、といった手順では、手間がかかって仕方がありません。

毎回利用したり、頻繁に利用するマクロは,ボタン一つで実行できれば
便利です。

そこで、今回は、マクロボタンを作成し、ちょっと見栄え良く、カスタマイズしてみましょう。

(サンプルファイルは、こちらから マクロ講座18回サンプルデータ

≪マクロ実行ボタンのカスタマイズ~コントロールツールボックス≫ 

それでは、早速Visual Basicのツールバーの中から、コントロールツールボックスをクリックしましょう。

かなづちとスパナのアイコンです。
するとツールボックス(道具箱)が表示されます。

コマンドボタン

その中から、コマンドボタンをクリックします。
すると、シート上にボタンを設置できるようになります。

貼り付けたいところに、マウスを合わせてコマンドボタンの大きさを、
自分の好きなサイズまでドラックしながら決めましょう。

サイズが決まったら適当な位置に移動することもできますよ。
恐れずに、コマンドボタンを押してくださいね。
ほら、空のコマンドボタンができました。

今度は、ボタンの名前を変更します。

プロパティボタン

次は、プロパティというボタンを押してみましょう!

カードを指差しているアイコンです。

すると何やら英語がいっぱい書いてある画面が出てきます。

これは、プロパティウィンドウですが、今回使う部分だけを見ていきましょう。

とりあえず今回は、「オブジェクト名」と「BackColor」と「Caption」と
「Font」「ForeColor」の項目を設定します。

オブジェクト名

オブジェクト名の項目で、「CommandButton1」から
「形式を選択して貼り付け値」に変更しました。
わかりやすい名前をつければいいです。

BackColor

次にボタンの背景となる、BackColorのところをクリックすると、
▼ボタンが出ます。

押し下げると、色指定のパレットが現われますね。

好きな色を設定します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク