一行おきに交互に色付け~エクセルの中級技16

一行おきに色を変えて見やすくする方法

エクセルで行ごとに色を変えたり、一行おきに色付けすると、データが見やすくなります。 手早く表を色分けするには、書式のコピーを使う方法と関数を使う方法の2通りあります。
一覧表でを作る時は、見分けやすくするために、一行おきに色を使い分けることが多いです。
この場合にも「オートフィル」の機能を利用することができます。
(サンプルファイルは、こちらから 中級技16回サンプルデータ

1.書式のコピーを使って一行おきに色分け

行を交互に色を塗り分けたい表の、上の2行だけ違う色で塗り分けをしておいて、右ボタンでドラッグし、表示されたメニューから「書式のコピー」を選びます。
はじめに元になる2行を違う色で塗り分けします。
ここでは、1行にだけ色をつけてもう1行は色のない行にして、交互に色分けにします。 一行おきに色を変える1
表の範囲から、塗り分けてある2行を選択してドラッグします。 一行おきに色を変える2
メニューから書式のみコピーを選びます。
一行おきに色を変える3
一行ごとに色分けされた表が完成しました。
小さい表はこれで良いのですが、大きい表の場合は、ドラッグが大変です。
また行を追加した場合などは、せっかくの色分けが崩れてしまいます。
行を追加・削除する予定がある場合は、関数を使って1行おきに色わけをします。
一行おきに色を変える4
スポンサーリンク
スポンサーリンク