エクセルの中級技37

Wordに転送して宛名ラベル印刷

Excelで作成した顧客名簿は、宛名ラベル印刷に利用することができます。
データをWordに転送すればエクセルの顧客名簿を利用して、バッチリ宛名印刷ですることができます。

(サンプルファイルは、こちらから 中級技37回サンプルデータ

ExcelをWordに転送して宛名ラベル印刷

(1)まずは肝心の顧客名簿です。
Excelで顧客名簿を作成します。
宛名ラベル印刷1
□■ 顧客名簿を作成する時のポイント ■□

宛名ラベル印刷に利用する顧客名簿をExcelで作成するときは、以下の点に注意します。
「A1」セルから作成して、表の上部や左側には空白の行や列を入れないようにしてください。
また1行目には見出しを入れるようにします。
既存の名簿を利用する時は、顧客名簿をこの条件にあてはまるように修正してから利用します。
■■ ここからは、Wordでの作業手順です。
(2)Wordを起動します。
(3)「ツール」→「はがきと差込印刷」を選択します。差込印刷を選択。
宛名ラベル印刷2
(4)右側に表示される「差込印刷」ガイドに従ってラベルを選択します。
(5)はじめは雛形の選択画面になっています。
現在の文書レイアウトを変更するか、既定の文書から開始するか選択する画面が現れるので文書レイアウトを変更するにします。
宛名ラベル印刷3
  ラベルオプションをクリックします。(もし他の作業をしていたら、すべて保存してからにする。)
ラベルの用紙を選びます。
宛名ラベル印刷4
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(6)次にあて先の選択でExcelで作成した顧客名簿のファイルを指定します。
既存のリストを使用にチェックを入れ、参照をクリックします。
(7)「データファイル選択」ウインドウで元データに使うファイルを選択します。
「ファイルの種類」で「Microsoft Excelワークシート(*.xls)」か「すべてのファイル」を選択します。
(8) 例では0412sample.xlsが「顧客名簿」で元データとなります。
「開く」ボタンをクリックします。
(9)「表の選択」ダイアログが現れますので、元データのエクセルのファイルにシートが何枚もある時は、どのシートを選ぶか選択します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク