エクセルの中級技29

ピボットテーブルで複雑な集計

クロス集計のように複雑な集計には「ピボットテーブル」を使うと便利。複数条件によるデータ分析も簡単です。
(サンプルファイルは、こちらから 中級技29回サンプルデータ

複雑な集計は「ピボットテーブル」で

(1)サンプルデータのような「日付」「 店名」「 商品名」「 単価」「 数量」「 金額」からなる売上一覧表のデータ分析を行います。
(2)各店舗ごとに、売れた商品の集計表を新たに作成しましょう。
ピボットテーブルで複雑な集計
ピボットテーブルで複雑な集計2(3)メニューの「データ」から「ピボットテーブルとピボットグラフレポート」を選択します。


(4)ウィザードが起動します。
分析するデータのある場所とレポートの種類を以下のように選択します。
ピボットテーブルで複雑な集計3
(5)使用するデータの範囲を指定します。、「次へ」ボタンをクリックします。
ピボットテーブルで複雑な集計4
赤枠をクリックします。 エクセルの表にもどって範囲を指定します。
ピボットテーブルで複雑な集計5
ピボットテーブルで複雑な集計6
データの範囲を指定し終わったら、「次へ」ボタンをクリックします。
ピボットテーブルで複雑な集計7
(6)ピボットテーブルの作成先を指定し、「完了」ボタンをクリックします。サンプルでは「新規ワークシート」を指定しました。
ピボットテーブルで複雑な集計8
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(7)空のテーブルができますので、「ピボットテーブルツールバー」から集計したい項目を、それぞれのフィールドにドラッグします。
(8)サンプルでは「店名」別の商品ごとの売上金額を見るために、以下のようにドラッグ&ドロップしました。
行のフィールドには、「商品名」をドラッグ。
列のフィールドには、「支店名」をドラッグ。
データアイテムには、「売上高」をドラッグ。
(9)3次元のクロス集計表が完成しました。各店舗の商品別の売上高が一目瞭然です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク